2007年07月12日

マセラティ グラントゥーリズモをイタリアで撮る!

MGT1今朝、イタリアから帰ってきました。今回はヴェローナからクルマで1時間半ほど離れたボルツァーノという場所で行われたマセラティ グラントゥーリズモの試乗会に行ってきました。日曜日に日本を出発したので3泊5日という相変わらず短い出張でした。このグラントゥーリズモ、今年のジュネーブで発表された時から私としては大注目の1台だったので、撮影はとても楽しみでした。
MGT2ボルツァーノはオーストリーに近く、1時間も走るとアルプスです。今回の試乗会も大先輩TY先生がドライブする助手席に乗りましたが、このTY先生はなんと「アルプスマニア?」CG時代からヨーロッパへ出張すると可能な限りアルプスを走っていたのを記憶しています。確かに同じアルプスの山でも場所によって、また季節によっていろいろな表情があります。今回は先生曰く「絶景!」 心も洗われ、撮影に力が入りました。

イヴァン・カペリところでこんな人に会いました。80年代後半、日本でもお馴染みだった、イヴァン・カペリ選手です。今回はマセラティのアドバイザーとして来ていました。あれから20年近く経って、だいぶ老けたなぁと思いましたが、実はまだ44歳です。失礼しました。でも、陽気なイタリアンは変わっていませんでした。
今回の写真は今月26日、来月1日売りの各自動車雑誌に掲載されますので、ぜひご覧くださいね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/minoru_k/50326918
この記事へのコメント
TYさんのブログに載っていた写真に小さく写っていたのはやはり小林さんでしたか。強行軍お疲れ様です。1枚目の走行シーンはマセの魅力、迫力がガンガン伝わってくるいい写真ですね。
Posted by Lion de Belfort at 2007年07月13日 09:06
アルプスの山肌が、現実の物と思えないほど迫ってくる感じで、日本では味わえない光景をマセラティと言う特異な車が走るのは、シチュエーションだけで言えば凄く異質な事なのに、それが全く不自然ではない事が素敵ですね。
ただ、インプレッサやスカイライン、レクサスISなども同じシチュエーションにマッチする様に思えるのはかなりの贔屓目なのでしょうか(笑)。
Posted by buchi at 2007年07月14日 00:17