2009年04月19日

SUPER GT、優勝は立川・ライアンのSC430!

SGT_1

SUPER GT第2戦は鈴鹿で開催され、終盤トップに立った立川・ライアン組のレクサスSC430が優勝しました。ポールポジションからスタートした本山・トレルイエ組GT-Rは残り6周までトップでしたが、タイヤトラブルのため後退してしまいました。レースは残り4周でシケインで起こったクラッシュによりセーフティカーが入りそのままゴールをむかえました。

SGT_2

GT300は今回から出場の木下・影山正美組のポルシェがハンコックタイヤにとっての初優勝を飾りました。正美選手は「CAPA」応援ドライバーです。彼の写真を撮った方、ぜひ今年も「流し撮りGP」に投稿してくださいね。

GPS

今回、面白いモノをテストしてみました。ホットシューに付いているのは、ニコンから出ているGPSユニット GP-1です。これを10ピンターミナルにつなぐとEXIFに位置情報が書き込まれます。ニコンViewNXで開くと地図上で撮影ポイントが表示されます。どこのコーナーで撮ったかはもちろん、同じ2コーナーでも移動したこともわかるほどの精度です。もっと面白い使い方がないか、模索中です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/minoru_k/50927866
この記事へのコメント
お久しぶりです。
今回のレースはGT500ではセーフティーカーが入ったりとかなり見応えのあるレースだったと思います。
最後に書いてあるGPSユニットは面白そうですね。これがあればサーキットに行ってどこで撮ったかわかるので整理しやすかったりするのかななんて思います。
明日と明後日、富士のSUPER GTに行きます。会えたらうれしいです。

では
Posted by モータースポーツ大好き高校生 at 2009年05月02日 10:26