2010年10月24日

SUPER GT、チャンピオンは小暮・デュバル組のホンダHSV。優勝は脇阪・ロッテラー組のレクサスSC!

SGT3

SUPER GTの最終戦はツインリンクもてぎで行われ、2位に入った小暮・デュバル組のHSVがチャンピオンを獲得しました。

SGT2

ポールポジションからスタートしたデュバル選手のHSVに対し、5位からスタートしたロッテラー選手のSCが次第に順位を上げ、19周目にはトップを奪いました。両車ピットインした後は、SCは脇阪選手、HSVは小暮選手がドライブ、ここからSCが優勝するゴールまで素晴らしいバトルが展開されました。2位でチャンピオンが決まる小暮選手でしたが、攻めのレースでトップを狙います。受ける脇阪選手もクリーンなバトルを展開します。こういうシーンを撮影できる時はカメラマン冥利につきます。この激しい戦いを切り取ることはレーシング・フォトグラファーの喜びです。二人に感謝です!

SGT4

そして優勝記者会見で脇阪選手の「自分なら2位キープでチャンピオンになれるならば無理をしない。それでもトップを奪おうとする小暮選手のファイトをドライバーとして尊敬する。そして自分もこれからもアグレッシブに走る。」と言っていました。この言葉に感動です。ライバルを称賛できる、素晴らしいことです。こんなに爽やかな気持ちになった記者会見は初めてかもしれません。

SGT1

GT300クラスは、星野・柳田組のトミカZが序盤から素晴らしいスピードで優勝を飾りチャンピオンを獲得しました。苦労の多かったシーズンのようですが、長谷見さん、星野・柳田選手、おめでとうございます!

SGT5

チャンピオンは決まり、SUPER GTのグランドフィナーレです。長かった今シーズンは終わりましたが、まだ11月に富士のスーパースプリントがあります。土日にそれぞれGT500、GT300のスプリントレースが行われます。そしてフォーミュラ・ニッポンも!
私は来週は岡山WTCC、次は鈴鹿でフォーミュラ・ニッポン最終戦、そして富士のスーパースプリント。まだまだ続きます・・・。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/minoru_k/51144226
この記事へのコメント
脇阪選手のコメントはいいですね。2位でもタイトルをとれるのに勝ちにいった小暮選手も立派です。こんなレースをしていれば観客も集まりますね。私はFSWのネコヒスにいってこのレースを見ることができませんでした。残念。
Posted by lotus49ford at 2010年10月28日 20:53