2011年04月01日

SAVE JAPANチャリティーオークション

SJCA

脇阪寿一選手が中心となり始まったSAVE JAPAN、私もメッセージを送らせていただきましたが、もっとお手伝いできないかと考えていました。ちょうど吉本大樹選手の発案でSAVE JAPANチャリティーオークションを始めたいので、どこか事務所がないかと知人から相談されました。
レースも延期になり、自分のフィールドであるモータースポーツ界の有志たちが立ち上げたこの運動に少しでもお役に立てるのならばと、私の事務所を使ってもらうことにしました。そしてYAHOOのオークションを使わせていただき、明日2日から始まることになりました。
決まってから各選手へ連絡すると国内外で活躍する2輪、4輪の垣根を越えたライダー、ドライバーから素晴らしいアイテムが続々と届きました。その撮影に追われながらも、YAHOOの方たちやSAVE JAPANスタッフとの打ち合わせと、なかなかハードな毎日を送っています。

11

ここのところ、毎日のように寿一選手、星野一樹選手が訪ねてきます。打ち合わせだったり、事務的なお手伝いをしてくれたり。本当にありがたいです。いろいろなドライバーがアイテムを持って来てくれるし、みんなの熱い気持ちが伝わってきます。
我々もその気持ちを受け止め、皆様に伝えていきたいと思っています。ぜひ、SAVE JAPANチャリティーオークションに注目してください。そして被災地の皆様の一助となるよう、ご協力をお願い申し上げます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/minoru_k/51239304
この記事へのコメント
小林稔さま ブログ見つけましたので、私のメールアドレスを記載しました。お時間のあるときでもご連絡ください。いまも首の調子が悪いのです、わたし。それが原因でクルマを運転できなくなってしまいグラチャン・マシンのテスト走行や博報堂にF3000の企画書を出しながらも、引退せざるを得ませんでした。その後、執筆活動など行なっておりまして、自動車年鑑(成美堂)は2冊ほど書きました。まだインターネットがない時代でしたので、すべてワープロで打ちました。大変な作業でしたね。いまの時代ならコピペできますから楽でしょうね。BMWの試乗会でスペイン・マラガ、ドイツ・ミュンヘンに行った際にはCGの加藤さんとご一緒しました。加藤さんのスーツケースの鍵が壊れて、わたしのケース・バンドをお貸しして、それをグルリとケースに巻いて航空会社に預けるというヒヤヒヤもんの珍道中でしたw

Posted by 渡邊光將 at 2011年04月27日 18:13